関東

  • 銀座店

    〒104-0061
    東京都中央区銀座4-1
    西銀座デパート地下1階

    店舗詳細ページ
  • 町田モディ店

    〒194-0013
    東京都町田市原町田6-2-6
    町田モディ 地下1階

    店舗詳細ページ
  • 横浜ビブレ店

    〒220-0005
    神奈川県横浜市西区南幸2-15-13
    横浜ビブレ4階

    店舗詳細ページ
  • 大宮マルイ店

    〒330-9501
    埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3
    大宮マルイ5階

    店舗詳細ページ
  • 中目黒店

    〒153-0051
    東京都目黒区上目黒1-20-11

    店舗詳細ページ
  • 吉祥寺マルイ店

    〒180-8552
    東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1
    吉祥寺マルイ3階

    店舗詳細ページ
  • 新宿京王モールアネックス店

    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿1-19
    京王モールアネックス内

    店舗詳細ページ
  • 渋谷店

    〒150-0043
    東京都渋谷区道玄坂2-16-7
    花菱ビル2階

    店舗詳細ページ
  • 新宿マルイ店

    〒160-0022
    東京都新宿区新宿3-30-13
    新宿マルイ本館6階

    店舗詳細ページ

中部

  • 名古屋パルコ店

    〒460-0008
    愛知県名古屋市中区栄3丁目29-1
    名古屋パルコ西館3階

関西

  • 京都OPA店

    〒604-8026
    京都府京都市中京区河原町通四条上ル
    河原町OPA 地下1階

    店舗詳細ページ
  • 神戸マルイ店

    〒650-0021
    兵庫県神戸市中央区三宮町1-7-2
    神戸マルイ5階

    店舗詳細ページ
  • 心斎橋OPA店

    〒542-0086
    大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-2
    心斎橋OPAきれい館3階

    店舗詳細ページ
  • 梅田ホワイティ店

    〒530-0013
    大阪府大阪市北区茶屋町梅田地下街1-2
    Whityうめだプチシャンエリア内

    店舗詳細ページ

九州

  • 博多マルイ店

    〒812-0012
    福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1
    博多マルイ3階

    店舗詳細ページ

年末年始に行くべき旅先(温泉バージョン)

2019/12/18 Wed

219

年末年始というのは、特別ですよね。特別な年末年始だからこそ、普段はしないようなこと、普段はできないようなことをしたいという方も多いと思います。はしゃいで回るのも悪くはありませんが、1年を振り返りながら新しい1年に向けて気持ちを新たにするためにも落ち着いて過ごしたいところでもあります。そこで、今回は年末年始に行くべき旅先ということで落ち着いて過ごせる温泉地をご紹介していきたいと思います。温泉地で過ごす落ち着いた年末年始もいいものですよ!

・広島県の温井温泉

まず、ご紹介するのが広島県にある温井温泉です。名前からして優しそうな、穏やかそうな温泉地です。アーチ式ダムで日本で2番目の高さを誇る温井ダムによって形成された龍姫湖畔……想像しただけでも景色のよさがわかりますよね!
近くには散策道や展望台のある自然生態公園、広島らしいバラ園などがあり、自然を満喫できるエリアとなっています。足を延ばせば国指定特別名勝である三段峡や県内最高峰の恐羅漢山など観光面でもバッチリの温泉地です。
泉質は無色透明無味無臭のラジウム泉で、クセのないサラッとした感触と入浴後に長く続いてくれるポカポカ感が評判みたいです。ちなみに、温井温泉の効能はリウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、ねんざ、冷え性、高血圧、打撲、糖尿病、痔疾となっています。旅の疲れはもちろん、1年でたまりにたまった疲れを綺麗に取り去って、気持ちのいい新年を迎えられそうです!

・栃木県の板室温泉

古き良き温泉文化が残っている温泉地として知られているのが、栃木県の板室温泉です。那須連山の西山麓に流れている那珂川の支流沿いに広がっている温泉地になります。もともとは江戸時代の中期から会津街道の宿場街として栄えていたところなんですが、効能豊かな温泉が評判になって、湯治場へと発展していったそうですよ。
温泉地というと観光地化されてしまって昔ながらの良さを失ってしまうところも少なくありません。ですが、板室温泉は観光地化することなく昔ながらの温泉地を守っているとても貴重な存在なんです。療養泉に適した泉質と自然豊かな環境が評価され、昭和46年には「国民保養温泉地」に指定され、平成5年には「ふれあい・やすらぎ温泉地」にも選定されているまさにお墨付きの温泉地です!
板室温泉の源泉は全部で22本と栃木県内でも随一です。お湯は40℃前後とややぬるめとなっているのですが、神経痛や高血圧、リウマチ、動脈硬化症などに特効があると言われていますよ。長い時間をかけてゆっくりと楽しむのがおすすめです!ちなみに、美肌の湯としても知られていますので、ツルスベの美肌で年を越せるかもしれませんね。

・島根県の美又温泉

島根県の美又温泉は、特に女性におすすめしたい温泉地です。というのも、美又温泉は「日本一の美人湯」と言われているんです!その歴史は古く、発見されたのはなんと江戸末期だそうです。とろとろのお湯は、いかにも肌によさそうです。実際に、湯上りのお肌はスベスベになりますよ!
このあたりは観光面にも恵まれているので、基本的には年間を通して楽しめる温泉地でもあります。春には綺麗なつつじに癒されますし、夏には爽やかに海水浴を、秋には芸術的な紅葉を、冬はスキーでアクティブに……という感じで、四季折々の楽しみ方もできますよ!
とろとろで滑らかな温泉には神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、打撲、痔疾、美肌などさまざまな効能があります。実は、最近になって新しい泉源が見つかり、温泉スタンドもできたそうです。温泉スタンドというのは、ポリタンクなどに温泉を入れるアレですね。さまざまな効能を持った温泉なので、温泉スタンドにも列ができるそうですよ。

・宮城県の青根温泉

「青根なる大湯の中に我が倚(よ)るは昔伊達衆の倚りし石段」という歌をご存知でしょうか?実は、与謝野晶子が詠んだ歌なんですね。まさに宮城県の青根温泉が詠まれているわけなのですが、それだけでなんか「いいな」と思えちゃいますよね。もともとは仙台60万石の藩主伊達家の保養所であり、隠し湯でもあったと言われており、そういう背景があるからか多くの芸術家にも愛された温泉地なのだそうですよ。
発見されたのは戦国中期で、500年近い歴史を持っている本当に古い温泉です。由緒ある名湯ですし、言ってしまえば、お殿様が浸かっていた温泉ですよね。そのため、全国各地から多くの方が足を運んでいるみたいですよ。お殿様気分が味わえそうですし、歴史に興味がなくても行ってみたくなりますよね!
ちなみに、約30℃から71℃まで温度にはかなりの幅があるのですが、温度に関係なく基本的に無色透明でぬめりもクセもないというのが特徴となっています。サラサラした感じの温泉なので、「ぬめりやとろみのある温泉は苦手~」という方でも安心ですね。効能も神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、ねんざ、胃腸病、冷え性、痔疾とさまざまです。
宮城県は東日本大震災で大きな被害を受けた地でもありますので、温泉地への旅行という形でも支援になると思いますよ。温泉に浸かって気持ちよく年末年始を過ごして、それが支援につながるのであればお互いにWIN-WINですよね。東日本大震災の影響はまだまだ残っていますし、何も終わっていません。東北への支援も忘れないようにしたいところです。

・新潟県の笹倉温泉

新潟県にある笹倉温泉は温泉はもちろんなのですが、自然に恵まれている場所でもあります。「越後の上高地」と呼ばれる海谷渓谷は有名な景勝地ですし、毎年10月下旬あたりから11月初旬あたりに楽しめる紅葉は「日本人でよかった~」と思えるほど美しいです。他にも藤の名所として知られている月不見の池や翡翠園など、とにかく綺麗な自然を楽しめるところが多いですね。
これだけ自然に恵まれていると、温泉のほうもかなり期待が持てますし、その期待にバッチリ応えてくれる温泉となっています。笹倉温泉は浸かってもよし、飲んでよしの最高の温泉です。飲めるからこそ、飲食にも当たり前のように温泉水が使われていますよ。
笹倉温泉の源泉は3本あるのですが、その源泉の名前もいいんです!その名前というのが「龍雲」「千寿」「薬師」なのですが、「これぞ温泉!」という感じがしていいですよね。神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病、冷え性、痔疾などさまざまな効能を持っていて、美人の湯としても知られています。最近では敏感肌に悩んでいるという方も多いかと思うのですが、笹倉温泉はそんな敏感肌の方でも安心です。赤ちゃんからご年配の方まで安心して浸かれる優しい温泉ですよ。

・神奈川県の西丹沢・中川温泉

神奈川県の西丹沢・中川温泉は、「信玄の隠し湯」としてよく知られています。これだけでワクワクもドキドキもMAXになりますよね。しかも、西丹沢・中川温泉は野生動物が姿を現すこともあるという自然に囲まれた温泉地です。特別な年末年始を過ごすのには最適ですよね!
自然に囲まれたダム湖である丹沢湖もありますし、ハイキングや散策も楽しめるエリアです。最近ではキャンプが人気となっていますが、キャンプ場や釣り場としても人気のあるエリアなので温泉以外にもいろいろな楽しみ方ができそうですね。アクティブに楽しんだ後に温泉でゆっくりというのもいいかもしれません。
西丹沢・中川温泉は200万年前のマグマを熱源としている温泉で、地球のパワーをもらえそうな温泉でもあります。pH10以上という高アルカリ度を誇る温泉なので、皮膚の脂肪や分泌物を洗い流すことによって美肌効果も期待できます。美肌の他にも、神経痛やリウマチ、筋肉痛、高血圧、皮膚病などさまざまな効能が期待できますよ。

・岩手県の花巻南温泉峡 渡り温泉

岩手県にある花巻南温泉峡 渡り温泉は、比較的新しい温泉です。というのも、もともと豊沢皮沿岸に花巻南温泉峡があるのですが、その中の志戸平温泉と大沢温泉の間に新しくできたのが渡り温泉なんですね。ちょうど豊沢川と大沢川が合流する場所になります。四季折々の自然の変化を楽しめますし、自然の中で身も心も癒されますよ。
花巻南温泉峡の中には個性的な温泉がたくさんあるのですが、その中でも渡り温泉は女性に優しい温泉となっています。というのも、女湯のスペースがかなり広くとられていますし、それ以外でも女性への配慮が感じられるようになっているんですね。
ちなみに、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労、胃腸病、冷え性、痔疾など多岐に渡ります。年末年始は特に冷える時期ですし、今は冷え性の方も多いでしょう。冷え性への効能もバッチリなので、そういった意味でも安心ですね。

・山梨県の川浦温泉

「秘湯」という言葉だけで、うっとりしてしまう方も多いのではないでしょうか?山梨県にある川浦温泉は、「信玄の隠し湯 とも言われている秘湯です。山梨県の北東部、ちょうど埼玉県や長野県との県境に位置したところにある温泉です。開湯約500年を超える伝統があり、信玄が浸かったであろう温泉を楽しむことができますよ。季節によって違った表情を見せてくれる紅葉はもちろん、周辺にはフルーツ狩りのできる農園もあります。
湧出量は毎分約1114Lと言われており、関東でも屈指の湯量を誇ります。温泉の温度は約42℃で無色透明、pH9.6というアルカリ性の湯は美肌にいいそうですよ。適温の柔らかなお湯は評判も上々です。美肌以外にも神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、胃腸病、冷え性、高血圧、打撲などさまざまな効能が期待できます。